子どもも大人も楽しめる
「魅せる」仕掛けづくりならお任せください!

課題解決が大好きな私に是非ご一報を!

イベントなどの行事やお祭りの遊びコーナー、展示台をはじめ、バックパネルのような装飾や
目を引くアイキャッチ(巨大な看板)、展示会場のブースなど承ります!

「あれしたい!」「これしたい!」はあるけど、どうしたらいいかわからない…
「予算」「技術」「材料」などでお困りの方も、最適な素材や方法をご提案します。
是非一緒に考え、作り上げましょう!是非一緒に考え、作り上げましょう!

previous arrownext arrow
Slider

プレイフルワークスの得意なこと
適材適所の素材選び

プレイフルワークスでは、「ダンボール」に加え「木」「アクリル」「鉄」などさまざまな素材を取り扱っています。

「こんな見た目の看板を作りたいけど、どんな素材がいいかわからない…」「終わった後に処分したいけど、強度もほしい」「設営現場での手間を省きたい」など、ご要望も色々。

どんな仕様にしたらよいかわからない、そんな時こそプレイフルワークスにご相談ください。

黒いディスプレイボックス

Point 1:イメージを共有し、お悩みをクリアする方法を一緒に考えます!

  • お問い合わせの際は大きく分けて

    • すでにしっかりとしたイメージを持っている
      (データや手書きでイラスト化されている)
    • 「だいたいこんなの」という頭の中にはある

    の2パターンに別れます。

    どちらのパターンでも、まずは一緒に「何を作るか」のイメージを共有しましょう。

    お洒落な椅子
  • 一口に「展示台」や「アイキャッチ」と言っても、
    何を表現したいのか」「伝えるものはなにか」
    など、考えることはたっくさんあります。

    • キレイさや丈夫さは多少犠牲にしても、安く抑えたい
    • 廃棄を簡単に済ませたい
    • 設営現場での手間を省けるようにしたい
    • 期間が長いものと短いものが混在するので、最適化したい
    • 終わったら、ここの部分だけ切り離して使いたい
    • あとは自分でやるから、◯◯だけをお願いしたい

    などなど、悩みや要望は尽きません。

    プレイフルワークスでは、こうしたご要望をしっかりとお伺いしたうえで、最適な形状や素材をご提案し、制作をすすめていきます。

    クリスマスツリー

Point 2:出来上がりのイメージを、さまざまな角度から検証します!

  • 実際に物を作ることを想定した構造にしたときに、
    いただいたビジュアルや伝えたい表現を損なわないよう
    「どのパーツを」
    「どんな形で」
    どのくらいの強度で」
    作るのがいいのか、物理的な課題を一つ一つ検証し、クリアしていきます。

    場合によっては、3Dやミニチュアを使って検証します。

    ゼブラ柄のオフィス机
  • 他にも、

    「いつまで展示するのか」「故障しそうなパーツはないか」
    「終わった後はどう処分するか」

    など、その物の最後の状態も考えておく必要があります。

    一つの「物を作る」というのは、様々な角度の視点での検証が不可欠なんです。

    プレイフルワークスでは、こうしたご要望をしっかりとお伺いしたうえで、最適な形状や素材をご提案し、制作をすすめていきます。

    中世風の椅子

例えば、ダンボールと木の板を使えば、ステージができます。
紙をダンボールに貼り、後ろの補強は強化ダンボールで作れば、巨大なバックパネルが安価に作れます。
すべてダンボールで作れば、御社スタッフで処分でき、かつリサイクル100%が実現します。
ダンボールの机で天板強度が必要なのであれば、鉄のアングルを通すことで解決します。

こういった素材どうしのの組み合わせも提案できるので、見た目だけではなく、使いみちや状況にあわせたものづくりが可能です。

ご相談事例case

example.1「フリーカットで作りたい!かつ急ぎ!」編

【相談者】ある劇団さん

お困りごと

今度の舞台に使う舞台装飾を作っているんだけど、切出しする点数が多く、人手も足りない。しかも、これがないと本番に近い練習がなかなかできない…

解決!

2m近いものも含まれた20点近いパーツの手書きのイラスト。手作業ですと、大型プリンタで拡大印刷し、転写後、素材に貼って着色…と、大変な手間とコストがかかることがわかりました。急ぎという事情もあり、早速データ化し、強化ダンボールをカッティングマシンにて切り出すことに。即納品しました。

猫とポットの設計図

example.2「やばい!予算に合わない!」編

【相談者】デザイン会社様

お困りごと

お客様に展示台を頼まれてイメージまでは作ったけど、予算がとにかく厳しい…

解決!

展示物のイメージでは、塩ビ板やアクリル板を使い、曲線を多様した展示台でした。そこで、見える部分だけを塩ビにし、後すべてダンボールで提案。 無事GOが出たため作成し、かつ予算内に収めることができました。

ウェディングケーキ風オブジェ

example.3「私も手伝っていいですか?」編

【相談者】美術関係の学生さん

お困りごと

今度の卒業制作で大きな物を作りたいのですが、私も手伝っていいですか?

解決!

美術関係の学生さんからの依頼で、自分が作ったものを見届けたいし、どうやって作るのかも知りたい。これは私のコンセプトにもピッタリなので、一緒に作成をしました。その分、こちらがやらなくてもいいことも多く、予算もかなり抑えることができました。

大人も立って入れる大きなお家

制作の流れflow

  1. step.01

    お問い合わせ

    こちらのフォームからご連絡をお願いします。素材や仕様がはっきりと決まっていなくても大 丈夫です。

  2. step.02

    イメージの共有

    頭の中にあるイメージをお伝えください。「何を作るか」を共有いただき、仕様を決定します。この時点では概算のお見積もりとなります。

  3. step.03

    検証

    実際に物を作ることを想定した構造にしたときに「当初のイメージは守られているか」を検証します。具体的なお見積もりをお出しします。

  4. step.04

    製造・納品

    あとは制作するだけです。各素材加工のプロがイメージ通りになるよう作成していきます。出来上がりを楽しみに”到着”をお待ちください。

  • ※お取引条件などは、①や②の段階で詰めてから先に進ませていただきますこと、予めご了承ください。
  • ※①でどうしても不可能な形状、予算というものは一定存在いたします。
    可能な限り相談に乗りますが、すべての案件にお応えできない場合もございますので、予めご了承ください。